スタッフブログ

お住いの気密性能ついて

こんにちは!
HIROGALIE 小倉南の代表のSです。
昨日の雨がウソの様な空っとした天気ですね。

 

最近、お客様より多く質問を受けるワードとしては「HIROGALIEさんの数値はどれくらいですか?」

この質問が多いため答えてみます。

最近多くの住宅メーターが、Q値、Ua値、C値…など謳い文句にしていますが。

一般の方には『一体それは何??』って感じだと思います。

大雑把に説明しますと。

・Q値とは

「どれくらい熱が逃げにくい家なのか」を表す数値になります。

住宅の断熱性能が高ければQ値の数値は下がります。

Q値が高い家=熱が逃げづらい家という認識とされて大丈夫です。

Ua値とは

『どれくらい熱量が家の外に逃げやすいのか』を表す数値になります。

C値と

『1㎡辺りにどれくらい家に隙間があるのか』を示した数値になります。

C値が低い方が隙間が少ないく高気密な家と認識されて大丈夫だと思います。

ただ、これらの値を求める計算式は複雑怪奇で本当に購入された自宅が

本当に数値性能が出てるのかが心配だと思います。

 

例えば…

Q値 = (各部の熱損失量の合計 + 換気による熱損失量の合計) / 延べ床面積

と計算式ですが、屋根・天井・壁・床といった各部の断熱性能を考慮し組み合わせた後

換気によって逃げる熱も考慮して計算式に当てはめる必要があります。

また、同じ坪数の、同じ材料を使用した家でも吹き抜けを組み込んだとしたらQ値は違ってきます。

 

Q値、C値、Ua値などの数値は住宅の断熱性能を示す数値としてある程度大切だと考えますが

数値はメーカーや工務店・デベロッパなどで異なる場合が多いのが実状です。

それは、何故かと言えば計測するタイミングが基準がなく各社がバラバラだからです。

換気扇を取り付ける前の防水シートに開口がしてない状態で計測すれば高い数値が出て当然です。

全ての施工が完了した状態で計測するのか?そうではないのか?によっても勿論数値は変わります。

誤解が無い様に申しますと。。。

「弊社の数値は〇〇です!」を売りに高気密・高断熱のお住まいを提供している会社さんを悪く言うつもりは全くないのですが。

ただ、同じ断熱仕様でも、窓の大きさや建物の形状を計算に有利な条件とすることによりそれらの数値を故意に良く見せることというのは簡単なんだよ。って事なんです。

弊社HIROGALIEは断熱性能を示す根拠として温熱計算を全棟実施しそして、中間検査後にきちんと気密性能が出てる事を確かめる為に全棟気密測定を実行して数値が満足するまで繰り返し実施しております。

 

 

HIROGALIEでは真剣に高性能住宅は何か?を考えてます。

 

北九州市で高気密・高断熱にこだわったHIROGALIEのデザイナーズ住宅を

お家づくりを完成内見会などでゆっくりと感じて欲しいと思います!

『お家造りそろそろ始めたいな?』『何から始めれば良いのかな?』
『自然素材ってぶっちゃけどうなの?』
などHIROGALIEの家づくりへの想いなど資料請求や個別相談など随時承っております。

HIROGALIEが選ばれる理由など

もう少し詳しく…という方は

ホームページより資料請求頂ければと思います

 

最後までお読みいただきありがとうございました。