スタッフブログ

Y邸地盤改良工事『小口径鋼管工法』

HIROGALIE 小倉南の代表のSです。

このたびの台風14号の災害より被害を受けられました皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く復興がなされますことを心よりお祈り申し上げます。

 

今回は地盤改良工事が完了したY様邸の現場レポートをお送りします。

マイホームを建てる前に安心・安全を確かめるために
必ず必要な地盤調査
「地盤」とは、建物の基礎となる土地の事を指します。

一見しっかりとした土地に見えてても、実は軟弱な地盤だったりする
経験上多々あり、地盤調査をしてみなければ、地盤の本当の強さは分かりません。

 

 

マイホームを安全に建てる為に安全を把握するために、今回は測点数を5点ほど定め
硬軟度合や締まり具合の細かな変化の正確な数値を誇る
『スクリューウエイト貫入試験』にて地盤状態の把握に努めました。

測点数を5点行橋市のY邸は調査の結果、残念ながら造成前が田んぼだった事もあり
弊社の経験上過去最悪な9mまで軟弱な土壌でした…

でも、心配いりません!

今回は、『小口径鋼管工法』という工事を行い地盤の強度の不安定な部分を
シッカリ補強し強固に建物を支えます。 

 

 

小口径鋼管工法は、建物の基礎を設ける部分の地中に、φ101.6~165.2㎜の
鋼管を回転させながら地盤を掘削すると同時に、押し込み力により鋼管杭を
所定の深度まで回転圧入して、建物を支える工法です。

圧入された杭体は、地盤からの周面摩擦力と先端支持力により鉛直支持力を確保して
不同沈下を防ぎます、また20年保証との長期的安全性を誇ります。

 

 

 

悩しい事に地盤改良工事の費用は、地盤調査をしてみないと

分からないという悩ましい部分になります。

資金計画の段階から、地盤改良が出た場合の大まかな予算をみておくなど

余裕のあるプランニングが大切です。

ご予算・資金計画についても、弊社にてご提案いたしますので、ご安心ください。

不定期になりますが、また現場からの近況報告させていただきます。

 

 

◆HIROGALIE小倉南ってどんな会社?

・アトリエデザイナーセレクト住宅って??
・高気密・高断熱・高耐震・高性能住宅って??
・お金や土地の相談もできるの??

ご興味ある方はゼヒ資料請求など随時承っておりますので
お気軽にお問い合わせください。
Instagramも更新してます!

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。